カリモク60のアイテムを製造する刈谷木材工業は、もともとミシンやテーブルの木の部分を生産していました。しかしながら、1962(昭和37)年に洋風家具の生産をスタートさせたことを契機にカリモクの家具がスタートしました。今では「カリモク」といえば、家庭向けの家具の製造から卸まで手がける家具業界の最大手ですが、当時と今とでは相当に勝手が違っていたようです。

この洋風家具のうち、チェア−とりわけKチェアが代表格となりますが、カリモクの家具の代表格のチェアをアイテムブランドとしたのが「カリモク60」(かりもくろくぜろ)なのです。

このカリモク60のアイテムブランドには、カリモクが業容転換して家具作りをスタートさせたときの職人の熱い気持ちがこもっているだけでなく、製造過程は昔のままです。ですから、カリモク60には懐かしい雰囲気を感じさせるデザインが見受けられますが、単なる60年代の家具の復刻版やその当時のデザインのものを作るだけではなく、本物の木材を使った温もりがあり、今の時代にぴったりマッチしつつ、使う人の多様な感覚に合って、しかも愛されるナチュラルな家具作りを目指しているのです。

また、カリモク60アイテムシリーズはチェアの他にも「カリモク60+」としてダイニングセットなども派生製品としてリリースし、カリモク60のチェアと組み合わせして使用することで、新しいライフステージの創出の一翼を担っている、と言っても過言ではないと思います。


カテゴリー

カリモク家具の魅力
カリモク家具のクレームはかなり低いです。価格よりも品質の重きをおきますから、それなりの価格になるものの、20年いや100年でも使えます。
テーブル
カリモク60のテーブルは、カフェテーブル、サイドテーブル、ダイニングテーブル、ローテーブルなど魅力的な商品が豊富です。
チェア・ソファ
カリモク家具のチェアといえばkチェアが定番ですが、その他にもカフェチェア、ダイニングチェア、ロビーチェアなどそろっています。
ボード
カリモク家具のボードにはどんな物があるでしょうか?カフェボード、ダイニングボード、サイドボード、ローボードなど気になるものがいっぱいです。
その他カリモク製品
カリモク家具では、オットマン、キャビネット、クッション、シェルフなどなんでも家具ならおまかせという感じです。
安く買うには
カリモク家具はネットショップの販売店で通販の商品としてだけでなく、中古でもピカイチで、オークションサイトやアンティークサイトなどでの売買も活発です。
販売店について
カリモク家具の販売店は、全国に4つあるカリモク家具のアウトレットショップ、東京インテリア、正規販売店・バニラ、名古屋市大須にdecoショップなどがあります。