スポンサード リンク
HOME > インテリアその他の情報 > あくんだぁ(対震ドアパーツ)

インテリアその他の情報

あくんだぁ(対震ドアパーツ)

<前の記事 次の記事>

インテリア・家具・照明の人気と流行がわかるように必要な項目と情報を整理しています。本題のインテリアと家具に行きます。
「あくんだぁ」をご存知でしょうか。
「あくんだぁ」とは、地震対策グッズ販売会社「サンハウジング」(本社・横浜市西区みなとみらい)が今年の9月から発売をしている対震ドアパーツです。
「あくんだぁ」は、大きな地震でドアがゆがむなどして開かなくなったときに、室内側から少ない力でドアを開ける対震ドアパーツなのです。
阪神大震災の教訓から、あくんだぁ(対震ドアパーツ)は開発されました。

阪神淡路大震災では、ドアがゆがむなどして倒壊した建物から自力で脱出できなかった人が約3万5000人もいるといわれているのです。
震度7から8の地震が発生すると、ドア枠は約4pゆがみ、ドアを押し開けるには約500sもの力が必要なのです。
これでは、多くの方は倒壊した部屋から逃げ出すことは不可能です。
そこで、老人や子供でも大丈夫なように、少ない力でドアをあけることができるあくんだぁ(対震ドアパーツ)が開発されたのです。
「あくんだぁ」は、テコの原理で器具が500キロ以上の力でドアを押し開ける斬新な仕組みになっています。
これで地震でドアが変形して逃げられないという事故を防止できます。

この「あくんだぁ」は、約10(縦)×約3.5(横)×約6.5(奥行き)センチで、閉扉困難な原因をつくるドア枠上下2カ所の室内側に取り付けます。
たばこの箱ぐらいの大きさの器具です。
既存のドアのほぼ全てに設置が可能で、ネジを締めるだけで、誰でも取り付けられるという優れものです。
気になる価格ですが、通常の耐震ドアの導入費用の10分の1程度の8,400円で販売されています。
個人からだけではなく、全国の自治体やホームセンターなどから問い合わせが絶えず生産が間に合わない状態のようです。
「あくんだぁ」は、地震が身近に存在する日本人必須の対震ドアパーツといえます。

家具・インテリア関連情報のアウトレットモール情報をまとめています。
なお、最新の情報を取得するよう注意はしておりますが、保証の限りではありません。
あくまで、参照程度にお願いいたします。

ウニクス伊奈
〒362-0803
埼玉県北足立郡伊奈町大字大針1125−1
アウトレットモール・ショップ
048-722-1234

36/0/23.141,139/37/0.304

ディーエコ(株)
〒340-0813
埼玉県八潮市大字木曽根683−1
アウトレットショップ
048-997-0818

(株)ヤオコー伊奈店
〒362-0803
埼玉県北足立郡伊奈町大字大針1125−1
アウトレットモール・ショップ
048-720-2211

イアント柏
〒277-0005
千葉県柏市柏4丁目11−2−102
アウトレットモール・ショップ,各種スクール・教室(趣味),カルチャーセンター
04-7162-6440

エデイバウアーアウトレット八千代店
〒276-0028
千葉県八千代市村上3788−1
アウトレットモール・ショップ
047-405-1361

関連記事:インテリアその他の情報

スマートフォンと言う携帯電話